しびかわの店オープン

今年も地元の野菜、山菜、近くの漁港であがった不揃いのお魚を揃えた鮪川の店、スタートしました。


開店日は、毎週火曜と金曜の午後1時から。


地元のお母さん達が、忙しい中頑張って営業中ですので、お近くの方はぜひ足を運んでいただければ。
漁次第ではありますが、お魚は流通に乗らない超新鮮なのが出ますので、お好きな方にはたまらないと思います。

グランドゴルフ ニアピン大会

6月4日、鮪川ですっかりお馴染みになったグランドゴルフ大会を今年も開催いたしました。

ところが、残念ながらこの日は雨。
鮪川自治会でグランドゴルフを企画し始めて初の雨天です。

手配していた食事類はキャンセルするわけにもいかないため、今回は自治会館の中に、急遽、ニアピンゴルフ会場を設置しまして全員参加のニアピン大会にあいなりました。

屋外と違って、一部屋に全員が揃ってる状況なので、予想外に盛り上がったニアピン大会、今回もギャラリー形式で掲載いたします。

今木神社祭典

今年も5月28日、滝の頭の今木神社祭典を開催いたしました。

この時期、いろいろと行事が立て込んでますので津波災害を想定した避難訓練も同日開催しています。
朝はあいにくの雨降りでしたが、たくさんの方々が公民館前に集まってきます。


前回は、ここから中石方面の高台へ移動しましたが、今回は海とは反対側の林を抜けて滝の頭のある農免道路の方に向かいます。
それぞれ家の場所によって避難しやすい場所は異なりますし、必ずしも自宅にいるときに津波被害にあうとも限りません。
集落に、いつくか避難に適した場所があるということを共有できていれば、万が一の際は、より安全に避難することができますので。


訓練終了後は、用意したおやつ類を配りまして、他の皆さんは解散。
祭典のスタッフは、引き続き準備に取り掛かります。

のぼりを立て、縄をしめ、祭壇を用意して、準備を進めていきます。


鮪川自治会はじめ、関係者の皆さんも集まってきます。
滝の頭は、男鹿市の重要な水源地の一つですので、市役所の方々もいらっしゃってます。


準備が整いましたらば、神事を執り行い、各組織の代表の方々が玉串を納めていきます。


こうして無事に、祭典の神事を何事もなく終了することができました。
参加された関係者の皆さま、まことにありがとうございました。


滝の頭は、寒風山という火山の麓に湧き出す湧水です。
集落が成立する前、それこそこの地に人が住む遥か前から滾々と湧き出し続けてる悠久の水源。

数十年前に山に降った雨が山に浸み込み、それが時間をかけて岩石の隙間をろ過されて湧き出してくるという仕組みは、川やため池のようなシンプルな水源地とは違った、長い視点に立った保全の取り組みが欠かせません。

とはいえ、それをしなければ、次の世代に対して水の恵みを引き渡すことができませんので怠るわけにはいきません。
この土地に住むであろう未来の人々のために、水の恵みに感謝する祭典と、この湧水を保全するための具体的取り組み、両方をきちんと進めていくことは、とても大事なことだと思っています。

五里合駅伝大会2017

今季も五里合の祭典に合わせまして、各地区対抗の五里合駅伝大会が開催されました。


今年から会場を、今までの五里合体育館から、市民センターとして改装された旧五里合小学校の体育館を利用させてもらっています。

この日は、生憎の雨ということもあって、開会セレモニーや表彰式を体育館の中で執り行いました。

ゴールデンウィークの初日ということもあって普段集落から離れている人も、この日に合わせて帰郷して参加してくれたりと、地元に愛着を持ってもらっているのは、とても嬉しいことです。

順位は残念ながら上位入賞とはなりませんが、参加した全員が、雨の中を全力で走り切ってくれました。

こうして、集落の外で暮らしている皆さんが、何かあった時には気楽に戻ってこれるような地域としてつながっていくのも大事なことだと考えています。

これからもいっそう集落の活動に取り組んでいきたいと思います。

この日撮影した写真をギャラリー形式で掲載いたしますので、ぜひご覧ください。

全市一斉クリーンアップ

男鹿市では、4月16日の日曜日に全市一斉のクリーンアップを実施いたしまして、ここ鮪川集落でも、この日に合わせて集落の一斉清掃を実施いたしました。

この日も、たくさんの方に参加していただきました。


とはいえ、先日の普請もあり、またこの日よりも前に、集落内の団体でゴミ拾い等を実施していたこともあって、この日は軽めの清掃作業で完了となりました。


自分たちが住んでいる集落ですから、普段から綺麗にしておくことは良いことですね。
誰かが拾うだろうなんて言わないで、気が付いたらすぐに拾ってしまう。
数が多いと思ったら、声かけられる範囲で人を集めて、さっさと綺麗にしてしまう。


美観や景観っていうのは、そうゆうことの積み重ねでしか維持できませんから、これからもこまめな活動を、心がけていいきたいと思います。

春普請

4月2日に春の恒例、普請が行われました。

都会に住んでいると「普請」という単語に馴染みがないかもしれませんが、地方の集落では無くてなならない、昔からの行事です。
毎回、たくさんの集落の方に参加していただいています。


自分たちの住んでいる集落の中で、みんなが共同で使っている場所やモノを、補修したり整備したり、集落の住民自身が手をかけて整えて維持していく仕組み。

行政に税金を納めて作業や工事を代行してもらう仕組みとは逆です。


住民自身が作業しなければなりませんが、そのかわり行政の動きに縛られることも無く必要な作業を、必要な時に実施でき、その恩恵は住民自身が受けられるシンプルで基本的な仕組みです。


特に、雪国では、冬の間除雪車による除雪を行うこともあって、春になると道路の両脇が凄く汚れます。


さらに、溶けた雪が、落ち葉や泥を流していってしまうために、下流の側溝には大量に溜まってしまいます。
これは、早めに除去しないと側溝が溢れてしまいます。

実際、この日の作業では、ほぼ側溝が一杯になっていて、これをスコップ等を使って、一生懸命かき出しを行いました。


水を吸って重くなった落ち葉や泥をかき出す作業は重労働です。


ですが、こうゆう作業は誰かがやらないと、みんなが困ります。
こうゆう時に普請のような仕組みがあると、スムーズに集落の労働力が集めることができて、結果的に素早く対処できるという意味では、やはり普請は無くてはならない仕組みです。


数時間の作業で、けっこうな量のゴミを拾うこともできましたし、無事に春の普請も完了です。

参加していただいた集落の皆様、お疲れさまでした。
集落の運営へのご協力に感謝するとともに、今後とも、よろしくお願いいたします。

五里合地区バレーボール&綱引き大会 2017

今年も2月19日に、毎年恒例の五里合地区バレーボール大会&綱引き大会が開催されました。

この時期、除雪以外に体を動かす機会が極端に少なくなりますので、こうした催しを通じてでも体を動かして、みんな直接顔を合わせて楽しい時間を過ごすというのは、以外と大事なことです。

まず、午前中は男女のバレーボール。


女子バレーはみなさん健闘されまして堂々の3位。
男子は3位決定戦までは進みましたが、あと一歩およばすの4位。
惜しかったです。

昼食には婦人会の皆さんに振る舞っていただいたカレーで力を付けまして、午後はいよいよ綱引きです。

 
特別な練習をしてきているわけじゃないですが、みなさん一所懸命綱を握って力の限り引っ張ります。
そのかいあってか、こちらも見事に3位入賞となりました。


三種目中二種目で入賞となりまして、これはなかなかの結果じゃないでしょうか。

鮪川だけに限った話ではないですが、やはり年々地区の人口も減少してきていて、こうした催しに参加できる人数も減ってきているのは事実ですが、だからといって何もせずにじっとしていても良いことがあるわけではないです。

その時々の状況に応じて、開催の仕方を工夫しつつ、少しづつでも地域の皆さんが楽しい時間を過ごせるようにするのは、やはり大事なことです。
これからも、できる事はどんどん実施して、地域の活力を生み出せていければいいなと思っていますので、これからもよろしくお願いします。

平成29年 鮪川自治会通常総会

今年も1/29(日)に、鮪川自治会通常総会を開催いたしました。

昨年の自治会の活動内容を集落の皆さんにご報告し、次の1年の活動計画を承認いただく大切な会になります。

昨年一年の活動内容について並べてみると、けっこうな活動を行ってきました。
おそらく地方の小さな集落で、ここまで活発に活動してる自治会というのは、そう多くは無いと思います。


早い段階で集落の未来に対して危機感を抱き、地域の内外の皆さんと一緒になって活動を進めてきた、一つの成果なのかもしれません。

これは、自治会だけが頑張っているという訳では無くて、その活動に、地域の方々も積極的に関わってくれているおかげなんだと思います。
こうした関係性が築けていること自体、非常にありがたいことだと思います。

今度もこうした関係を維持しながら、さらに新しい関係を作り、発展させていけたらと思います。

また、今年はさらに新しい分野にも挑戦していく予定です。

最近、各地に建設されている小型風力発電施設の建設計画を鮪川でも進めています。

エネルギーの自給自足…とまではいきませんが、地域の中で賄えるものは、少しでも地域の中で賄っていくというのは、これからの地方には必要な考え方だと思います。

外からの力と、内からの力の両方が必要です。

いずれ、こうした取り組みについても、こちらのホームページで詳しくお伝えしていきたいと思います。

さて、総会が無事に終了いたしましたらば懇親会です。
難しい話をした後は、今度はみんなで和やかに過ごすというのも大事なこと。


自治会の中の活動でも度々登場しているクレソンもすっかり定着してきまして、今では懇親会のお皿の上を飾っております。

どんなに問題が深刻であったとしても、物事は少しづつしか変えられません。
そのための準備をし、地道に継続し、改善していくよりは方法はありません。

今年も集落の皆さんの力を借りながら一緒に頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

今年も元気ムラ「地域の元気お届けマーケット」への出店でした

昨年に引き続きまして、この時期、秋田駅ぽぽろーどで開催される「地域の元気 お届けマーケット」に出店してまいりました。
いつもお世話になっている、あきた元気ムラさんの呼びかけによるマーケットで、他にもたくさんの地域から出店が集まっております。

img_1387 img_1402
この時期になると、野菜、果物、山菜といったあたりは数が少ないために、「滝の頭クレソン」や、東北ではあまり栽培されていない「柚子」などを中心に販売させていただきました。

また、今回はおそろいのウィンドブレーカーを用意。
背中には「鮪川」の文字を大きくあしらってます。
地名に馴染みのない方にも読んで覚えてもらえるように、ちゃんと「しびかわ」のふりがなも入れて。

img_1382 img_1394
こうしたお揃いのユニフォームは、あまり過剰に力を入れる必要もないですが、全員が着れば、お店の印象としては残りやすくなりますので、これからも機会があれば着用していきたいと思います。
この時期は防寒にもなりますし。

今回は、鮪川のお母さん達だけでなく、いろいろと応援に来ていただきました。

img_1404 img_1384
男鹿市の担当の方も、大きく声を出しながら、張り切って売り子役をしていただきました。
おかげさまで、売り上げも上々です。

鮪川のお隣、中石地区も出店しておりまして、こちらはナマハゲ衣装を着て地域のPRをしていただきました。
あの低い唸り声は、やはり人混みの中でも、耳に届きます。
多くの人が、マーケットに立ち寄ってくれました。

img_1383
継続的にこうしたマーケットや地域PRを続けてきた効果なのか、鮪川としての名前の認知度もだいぶ上がってきてるのを実感しています。
クレソンといった、他所では栽培の難しい作物に取り組んできたのも、地域の特色を出すことに大きく役立ってるようです。

まだまだ課題もありますし、地域の経済を支えるほどの経済規模というわけでもありませんが、継続して活動していくことで、将来の可能性が模索ができればと思います。

初めの頃は、右も左も分からず、ただ闇雲に動いていただけだったかもしれませんが、最近では、このあたりの課題が改善されれば、もっと可能性が広がるのに…といったメドも掴めてきたり、状況がある程度見渡せるようにもなりました。

これからも、一足飛びに解決策を求めるのではなくて、地道に課題に取り組んで、次に望んでいければ…と考えておりますので、皆さまよろしくお願いいたします。

自治会と湧水会による、秋の普請

夏の暑さも一段落した9月の4日。

集落の環境維持には欠かせない「普請」作業が、集落の皆さんの協力のもと、行なわれました。

今回は鮪川自治会だけではなくて、集落の水環境維持などに頑張っている「湧水会」の皆さんとの合同事業です。

img_9832 img_9837
日が昇った朝早くに自治会館前に集合。
それぞれの分担などを決めて、さっそく作業に取り掛かります。

あぜ道の補修や、道の草刈り。

img_9842 img_9846
水路脇の草刈りや水路そのものの手入れ。

img_9849 img_9848
作業自体はシンプルですが、集落一円となるととにかく範囲が広く、その分大変です。
それでも、大切な集落の環境維持のためには欠かせない作業ですので、みなさん一生懸命頑張ってくれました。

当初の予定では、午前中で終わる予定でしたが、他にも手を入れる場所があるということで、有志の方が残って、引き続き作業を継続。

img_9862 img_9863
ほんとにありがたいです。

おかげさまで自治会館前の公園広場の草もきれいに刈られて、これでまた集落の憩いのスペースとして活用できます。

img_9873 img_9872
作業を手伝っていただいた皆様、ほんとうにありがとうございました。
こうした地道で細やかな作業の上に、鮪川集落のキレイで快適な暮らしが成り立っていくわけですので、今後ともよろしくお願いいたします。