男鹿市チャレンジデー2014に参加いたしました。

5月28日、鮪川も男鹿市チャレンジデー2014に参加いたしました。

チャレンジデーとは、ほぼ同一規模の市町村が、特定の同じ日に、市民の中でスポーツをしたヒトを集計して、その参加率で勝敗を決める、市町村対抗イベントです。
今回、男鹿市の対戦相手になるのは愛知県扶桑町(人口約34,000人)です。

朝5時30分、早朝に鮪川公民館に集まり、五里合神社まで片道約15分の道のりのウォーキングでの参加です。
幸い天気もよく、気持ちの良い朝のお散歩になりましたので、合わせて17名の参加となりました。

IMG_9452 IMG_9453

IMG_9456 IMG_9457

IMG_9459 IMG_9464

なお、対戦結果は

男鹿市 参加率47.3%
扶桑町 参加率59.6%

うーん、残念!

五里合復興歌

五里合に住んでいる年配の方々は、昭和14年に起こった男鹿地震の発生日時をよく覚えてらっしゃいます。
それというのも、当時の学校の先生が、地震の恐ろしさ、大変さを忘れないようにと「五里合復興歌」を作って、子供たちと一緒に歌い覚えさせたということがあるようです。

「五月一日午後三時~♪」

このフレーズで始まるわけですから、当時の子供たちにとっては忘れようもありません。

この歌の存在は長らく忘れられていたのですが、一昨年の災害文化の調査をきっかけに、歌を覚えていた年配の方から教えていただいて、歌詞とメロディをきちんと残すことができました。

昨年には五里合小学校の子供たちと一緒にお披露目も行われ、メディア等にも紹介され注目を浴びることになったのは記憶に新しいこと。

五里合神社の中には、その時の歌詞を残した木版が飾られていました。
IMG_9026 IMG_9027

平成元年に、震災から50年が経ったことを契機に、当時の様子と五里合復興歌の歌詞を収めたものが寄贈されたようです。

今年で、日本海中部地震から数えて31年になります。
そろそろ男鹿半島にも大きな地震が来ておかしくない時期に入ってまいりました。
備えを疎かにしないようにしないといけないですね。