2017年のナマハゲ

今年も男鹿半島の大晦日の伝統行事、ナマハゲが、ここ鮪川でも行われました。

今年は、若手のナマハゲも加わりまして、威勢よく集落の各家々を回りあるいて、それぞれの家で待ちわびている人々との大事な時間を過ごす年の瀬の夜です。

ご存知の通り、ナマハゲはそれほど穏やかな行事ではありませんが、雪国にとっては、こうした熱のある風習のほうが相応しいのかもしれません。

過疎の問題、担い手の問題など、ナマハゲも先行き万全というわけにはいきませんが、これがあるからと年末年始、ふるさとの鮪川に帰ってきてくれる人たちもいらっしゃるわけですし、そういう意味では都市と田舎を結ぶ、ちょっと太めの絆と言えるんじゃないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です