今年の盆踊りは、ぎりぎり雨を避けての開催

今年は、盆踊り当日の8月15日は日中が雨…果たして夜までに雨があがってくれるかどうか心配されましたが、ぎりぎり夕方に雨があがりまして、急遽準備をしての開催です。

とはいえ外のヤグラ立てや飾り付けを十分にするするだけの時間はなく、テントの下で串類を焼いたり、軽トラの上に太鼓を用意したりの最低限の準備での開催。

それでも、お盆に合わせて帰省してた若い皆さんはじめ、たくさんの方々が参加してくれて楽しい夜になりました。

というわけで、会場の様子をギャラリー形式でお送りしますので、お楽しみください!

子どもたちの木こり体験受入

今年は、例年以上に暑い夏で、水源地鮪川といえど暑い夏を過ごすことになりました。

そんななか、7月31日に秋田の未来の林業振興にかかわる事業を、鮪川でもお手伝いをすることになりました。
具体的には、秋田県の林業研究研修センターの依頼を受けまして、子供たちの林業体験事業の受け入れです。

県内から集められた小学生の皆さんを、鮪川の林に案内し、そこで小径木の伐採を体験してもらう形で進められました。

木こり体験

この日、鮪川の林までやっきたのは19名の小学生とスタッフの皆さん。
5人グループに1人の大学生がリーダーとして付いて伐採作業を行います。
鮪川からも3名が案内&お手伝いです。

img_9277 img_9285
全員がヘルメット着用。
たぶん、子供たちは初めてのヘルメットだと思うんですが、安全のため、暑い中でもきちんと被ってもらいました。
代わりに水分補給はきちんとしてもらわないといけないので、鮪川自治会からもドリンクをふるまわせてもらってます。

img_9294 img_9299
小学生の皆さんは、おそらくノコギリすら初めて持つような子たちが多かったようで、予想通り悪戦苦闘しながらの伐採作業。
時間をかけつつ、ケガをしなよう細心の注意を払いながら、みなさんノコを持つ手に力をいれてます。

伐採した後、枝を切って、さらに玉切りにすることろまで。
苦労しながらも、無事に作業完了です。

img_9304 img_9317
みんな自分の手で切り出した木材を持って誇らしげです。
この木材は、この後のクラフト工作の材料にするそうです。

滝の頭にてお昼

無事に作業終了いたしまして、この後はお昼です。

伐採作業地点から、ちょっと山道を降りていきまして見覚えのある場所へ…お馴染みの滝の頭です。
先ほどまで汗をかきながら作業してた子供たちは、急に涼やかな場所に来られて、みなさん嬉しそうな表情。

img_9322 img_9324
研修センターのスタッフの方がサプライズとして企画してたらしく、事前に山道をチェックしておいて、子供たちには秘密にしてたよう。
子供たちの様子を見る限り、サプライズは成功した模様です。

滝の頭のお社の前で、みんなでおにぎりを食べながらのお昼。
美味しいお水は、目の前で大量に湧き出してますから、いくらでもおかわり自由。

img_9326
貴重な木こり作業と、最高のお昼となりました。

林業を取り巻く状況自体は、ちょっとやそっと何かをしたから劇的に改善するような簡単な状況ではないんでしょうが、こうした体験会で、子どもたちに少しづつ、森や、山や、水に興味をもってもらえると、少しづつ状況をかえていけるんじゃないかと思います。

今後も、できる範囲の中でお手伝いできたらいですね。

五里合地区市民運動会開催しました

さる7/24の日曜日、五里合の地区全体が集まっての市民運動会が開催されました。
もちろん鮪川地区も参加して各自奮闘してまいりました。

IMG_9190
会場は、今年から市民センターとなって活用されている旧五里合小学校のグラウンド。

昨年までは、学校として毎日使われていたため雑草が生えたりという事はあまり無かったんですが、今年は少々手入れが必要な状況に。

また、今年は鮪川自治会のテントが新しくなってます。

IMG_9161
去年までは脚部が8本の大型テントでしたが、今年からは6本のコンパクトなものへ。
人口減少、高齢化とくると大きなテントを使い続けるのはちょっと大変ですので。

無地のテントに、自前で「鮪川自治会」の文字を入れたりと、ちょっと手間暇かけたりしましたが、無事に運動会にてデビューです。

そうした事前準備を経て、無事に梅雨の終わりの時期の晴天日に開催と相成りました。

IMG_9367 IMG_9370
競技者の平均年齢も徐々に上がってますので、競技でも無理はできません。
そのあたりに、微妙に気を使ったプログラムになっています。

あまりガチな種目を入れて大ケガなんてしたら大変ですので。

IMG_9202
全体としての順位はあまり振るいませんでしたが、おかげさまで最後の種目、男女混合リレーは鮪川地区の優勝で飾ることができました。

終わり良ければ総て良し…ではないですが、最後の種目で勝利したおかげで、そのあとの懇親会でのお酒が美味しく飲めたことは言うまでもありません。

運動会全体の写真はギャラリー形式でお届けしますので、お楽しみください。

今年も丁寧に花壇を手入れしています

鮪川の西側の入り口、滝の頭へ分岐していく交差点の一角に、鮪川の湧水会で手入れをしてる花壇があります。

IMG_8987
地域の出入り口、たくさんの人が通りかかる場所ですので、そこの花壇がきちんと住民の手で管理されて綺麗に花が植えられてるというのは、集落全体にとっても「みんなで地域の美観に気を配ろう」という意識にもつながります。

これは、とても大切なことだと思ってます。
誰しも、ごちゃごちゃになってる場所に進んで入っていこうとは思わないですので。

IMG_8976 IMG_8978
地域のお母さんたちが中心になって手入れをしてもらっていますが、花壇を綺麗に管理する…というのもけっこう大変です。
田舎の農村ではお馴染みの野良着スタイルで大活躍中。

屋外の花壇ですので、放っておけば雑草だって生えますし、晴れた日が続けば水やりも必要です。
すぐ横に水道の蛇口があるわけではないですし、けっこう苦労してやっております。

せっかく植えた綺麗な花が、あっという間にしおれてしまっては可哀想ですし。

IMG_8985 IMG_8986
おかげさまで、こんなに綺麗に手入れされた花壇になってます。
ありがたいですね。
こーゆー光景は、見ていて気持ちいいですので。

ちょいと手入れは大変ではありますが、こうした活動も引き続き継続していきたいと思います。

鮪川グランドゴルフ大会2016春!

鮪川のトップスポーツとなりましたグランドゴルフ。

年2回のペースで開催しているグランドゴルフ大会も早いもので、もう8回めの開催です。
今回も36人もの方にご参加いただきました。

歳をとれば、どうしても身体の調子が悪くなってくるのは仕方がないですが、少しでも健康な身体を維持できれば、それだけ人生も充実します。

そのために必要なのは、適度な運動。

グランドゴルフは、それはどハードなスポーツでもなく、ゴルフ場の中を歩きながら、仲間と話をするという、身体と心の健康にちょうどいいスポーツ。

今回も、ギャラリー形式で、写真を掲載いたしますので、参加された皆様、ご自分の写真を探してみてください。

避難訓練とチャレンジデー

先日、鮪川でも避難訓練が行われたました。

秋田県の場合は1983年に発生した日本海中部地震の発生日である、5/26に開催するのが通常ですが、実はその前日の5/25には、同規模の自治体同士で、その日運動した人の率を競う、いわゆるチャレンジデーもありました。

せっかく地域の方々が集まって高台への避難(訓練)という運動をするのですから、訓練日の方を移せば、訓練もチャレンジデーも両方に参加できることになります。

というわけで、昨年に引き続きの同日開催といたしました。

IMG_8213 IMG_8216
自治会館の前に集合いたしまして、そこから高台への徒歩移動。
避難訓練であれば、中腹のあたりで十分に安全な標高になるのですが、15分以上の運動をしないとチャレンジデーには申告できないため、もう少しだけ頑張ります。

IMG_8221 IMG_8231
無事に、全員が高台まで避難できたコトを確認しましたら、参加賞(?)であるジュースと、期限切れが迫って買い替えが必要になった備蓄食料などを皆さんに配りまして解散です。

IMG_8235 IMG_8246
みんさん、お疲れ様でした!

今木神社の祭典

今年も滝ノ頭の恵みに感謝する、今木神社の祭典がとり行われました。

IMG_8286 IMG_8294
今年も鮪川地区の皆さんに加えて、土地改良区、水利組合、行政の皆さんが集まって、湧水の恵みに感謝し、この恵みが途切れること無く続くことを願います。

IMG_8304 IMG_8305
水が豊富な日本列島ですが、夏場の天候によっては渇水状態に陥る地域も多々あるなかで、比較的、天候の影響を受けずに、これだけの湧水量を誇る滝の頭は、鮪川にとっても、男鹿にとっても重要な水源地であるのは間違いありません。

大切にしていかないと。

もちろん、祭典を行うこと自体は水源地を守ることに直結はしませんが、こうした祭典を執り行うことによって、この場所を大切に思う心が育ちますし、みんなで守っていかなければならないという地域の同意が形成されていきます。

そうした下地があればこそ、この場所を守っていくにはどうすればよいか…という具体的な行動を起こすことができるわけですし、その意味では、この上無く重要な祭典です。

IMG_8314 IMG_8334
ずっと昔から続いてきた積み重ねがあるからこそ、今この時代を生きている私達にも、大事な水源として遺されてます。

このことを忘れずに、未来の子孫が水で困らないように、大切に守っていかないといけないですね。

IMG_8337 IMG_8342

五里合市民センター、オープン

五里合地区に、新しい市民拠点として五里合市民センターがオープンいたしました。

と言いましても、何かを新築したわけではなく、一昨年に閉校になりました五里合小学校の後者をリフォームして、市民に関連する業務を担う場所として集約したという形になっています。

写真にある通り、公民館、出張所、保育園、児童クラブ、土地改良区が同じ建物の中に入居しているわけです。

IMG_7661

集約によって特段に利便性があがるというコトでもありませんが、建物が広くなったこともあり保育園に通う子どもたちには、のびのび遊んでもらえるようになりましたね。

同日、恒例の五里合駅伝も開催されました。
市民センターのオープンに合わせて、こちらもスタート、ゴールの位置が変更になっています。
旧支所の前は、クルマを止めるにはやや手狭だったこともあり、こうした大きな催しはだいぶやりやすくなりました。
今後、うまく活用できるといいですね。

残念ながら、当日は雨。
次第に雨は止んでいきますが、それでも肌寒いことにはかわりなく。
選手の皆さんは、負けずに元気に力走してくれました。

では、それぞれの力走をギャラリー形式でお届けいたします。

鮪川直売所、2016年は火金営業です。

鮪川直売所、今年もいよいよオープンいたします。

営業時間は毎週火曜日と金曜日の午後1時~5時。
売り切れ次第閉店です。

鮪川の集落内で採れた野菜や山菜はもちろん、人気の高かった魚介類もいままでより量を増やしての販売を予定しております。

もちろん、お値段はよそのスーパーさんでお買い物するよりも、ぐっとお買い得になっておりますので、ぜひ足を運んでいただければ。

場所は例年どおり、県道304号線沿いJAみなみ梨選果場に入るT字路の脇。
いつもの直売所専用の建物内での営業です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

船越あたりの大きなスーパーに買い物に行くときも必ずここは通りますので、行く途中にでもお立ち寄りいただければ。

また、男鹿半島の南側への通り道でもありますし、鮪川以外の方も気軽にお立ち寄りください。

お待ちしております!

能代市・鶴形地域との集落交流会

去る2月28日、鮪川と同じ元気ムラで頑張っている能代市の鶴形地域との集落交流会が行われました。

今回は、他所に出かけるのではなくて鮪川がホストビレッジとしてお迎えする形での開催です。

鶴形地区からいらっしゃったのは15名の方々。
バスに乗り合わせての御村来です。

IMG_6986 IMG_6987

鮪川では普段から元気ムラに参加してくれているみなさんを中心に21名の参加で、2集落合わせるとかなりの大所帯です。

最初は、まずは鮪川でも大事な場所、男鹿市全体で見ても重要な場所である滝ノ頭を見て回ります。

IMG_6989 IMG_6990

人が立ち入る場所にある湧き水というと、道路脇に設置した小さな管から水が流れ出るというイメージが強いようですが、滝ノ頭の湧水量はそんなイメージとかけ離れた湧水量を誇ります。
鶴形地区のみなさんも驚いているようでした。

IMG_6991 IMG_6996

続いて、今や鮪川を代表する特産品となりつつある滝ノ頭クレソンの栽培地を見て回ります。
クレソンの成長には、まだ時期が寒いですが、少しだけでも持って帰って頂こうと、ちょっと寒い水の中から収穫いたしました。

IMG_6998 IMG_6999

他にも、分水嶺や、浄水施設の中も見学されていかれました。
IMG_7000 IMG_7004

分水嶺は、昔から麓の集落ごとの水の分担を決める大事な場所で、ここでも勢いよく水が流れています。
こうした施設を見る機会はそうはありませんので、みなさん興味深く見入っていた様子。

次は鮪川自治会館に移動しまして、両地域代表によるご挨拶から意見交換、交流の場へと移行。

IMG_7007 IMG_7011

まずは遠くからお越しいただいた、鶴形地域まちづくり協議会の渡辺さんからのご挨拶。
そしてホストビレッジの鮪川自治会長、成田さんによる歓迎の挨拶。
そして前自治会長である畠山さんによる音頭で乾杯です。

IMG_7013 IMG_7014

テーブルの上に並べられたのは、鶴形地区の特産である「鶴形そば」。
鮪川からはクレソンをちくわで巻いたおつまみや、炊き込みご飯などなど。
どれもこれも自慢の一品で、美味しく頂きかせていただきました。

IMG_7022 IMG_7023

そして鶴形地区には銘酒の酒蔵「喜久水酒造」がありますので、自慢の日本酒を持ってきていただきました。
鮪川からも、滝ノ頭の水を使って仕込んだ自慢の銘柄がありますので、両集落の酒を酌み交わしながらの交流会です。

IMG_7017 IMG_7018

やはりお酒を飲むと話が盛り上がりますし、仲良くなるのも早いです。
お酒が入ってしまうと、そのあとに実質的な話し合い…というわけには、なかなかなりませんが、今日のところはそれが第一目的というわけでもなく。

今日、ここで交流したことがきっかけになって、お互いの集落のよいところを持ち寄って新しいコトが始められたり、何か困りごとの解消に、お互いの進め方の違いがヒントになったり。
そうした縁を深めることが、今日は一番大事なことになります。

IMG_7026 IMG_7024

その意味では、集まられた皆さんで、存分に縁を深めらたことは大きな収穫だったと思います。

集落の活性化や村おこしには、正解も近道もありませんので、地道な取り組みを続けることだけが唯一の手段です。
その中でも、こうした同じ想いで活動している仲間と縁を深められたことは、今後の活動できっと役立ってくるかと思います。

再び集まられる時に、新しい鮪川の自慢話を増やせるように、これからも頑張っていきたいと思っています。