大正大学の学生さんとの交流会

いつもお世話になっている元気ムラの企画で、東京の大正大学の学生さんが鮪川をご訪問。

秋田県内のGBビジネスに関しての視察とのことで他にも秋田県内の各集落を回っていて、鮪川は2日目の最後で、そのまま宿泊していかれました。

山菜等の地域産品を軸にしたGBビジネスの調査や情報交換等が主な目的だそうです。

ここから新しいビジネスや連携や活動が生まれていくスタートになれば…という狙いもあるようです。
そうした意味で、鮪川集落の活動も興味があったようです。

できれば、栽培しているクレソンも見ていって欲しかったところですが、到着時点で既に夕刻すぎでしたので公民館で、お話を伺う形になりました。

それほど大仰なお話ができたわけではないですけれど、何かの参考になって、みなさんの活動や研究のプラスになってくれればと思います。

学生さん3名と、教員1名の4名の方が鮪川にて一泊。

日程表を見ると、県内各地の集落を訪れていて、かなりのハードスケジュールのようでしたが、疲れを見せることもなく、集落の活動に関していろいろ質問をしたり、熱心に話を聞いていかれました。

いずれにしろ未来を作るのは、こうした若者たちですので、その助けになれれば幸いに思います。

今後もこうした機会があれば、積極的に若者たちとの交流を図っていきたいと考えておりますので、今後共よろしくお願いいたします。