2018年春の普請

今年もの春の普請を行いました。

4月とは言え、このあたりは、まだまだ寒い日が続きます。
にも関わらず、たくさんの鮪川の方にご参加いただきました。

もちろん、地域のお母さん達も。

冬の間に側溝や道端にたまってしまったゴミや落ち葉、泥をかき出したり、道にはみ出してきた木の枝や払って切り出したり、草を刈ったりなどなど。
割と重労働ですが、そこは皆さん慣れた作業ということもあって、てきぱきと手分けして作業を進めていきます。

地域活性化の派手なイベントとは違って、地味な活動ですが、非常に大事な活動です。
何でも行政がやってくれるとは限りませんし、そもそも行政に十分な予算が無い場合もしばしば。
自分たちの手で出来ることは、自分たちの手を動かすという基本は疎かにできません。

今年は基盤整備事業が入ってる関係もあって、例年に比べると作業範囲が限られていたんですが、それでもこれだけのゴミが集まってしまいます。
これをやらないでいると、どんどん集落にゴミが溜まっていってしまうわけです。

拾ったゴミの分だけ、寄せた枝や草、泥の分だけ、地域が綺麗になって暮らしやすくなるわけですから、気持ちのいい作業であることは間違いないです。

参加していただいた集落の皆様、お疲れさまでした。
今後とも、よろしくお願いいたします。