今木神社祭典と避難訓練

今年も、男鹿市鮪川にある今木神社の祭典が行われました。


また、同日の朝には、津波を想定した高台への避難訓練も行っています。

東日本大震災で津波による大きな被害が発生したのは記憶に新しいですが、男鹿半島の場合はちょうど35年前の日本海中部地震でも、津波による被害が発生しています。
その日付が5月26日(県民防災の日)ですので、どちらかと言えばこちらの方がより身近な意味を持っているんじゃないかと思います。


朝早くに公民館に集合いたしまして、中石側に向かう高台へと登っていきます。
去年は、滝の頭への道を使って避難しましたが、避難できる場所や道は複数ある方が望ましいのは確かです。


今でこそ、海沿いで地震といえば津波の危険を誰もが意識しますが、実際は地割れ、がけ崩れといった被害も同時におこるのが普通です。
避難経路の道路が崩れて通れなくなるケースも当然考えらますので、安全に避難できるルートを複数覚えておくことはとても大事なことかもしれません。


避難訓練が滞りなく完了いたしましたら、引き続き今木神社祭典の準備にかかります。

まずは今木神社に参拝してからです。


例年どおり、鮪川の自治会のメンバーが中心になって手慣れた準備作業をさくさく進めていきます。


今木神社がある滝の頭湧水は、男鹿半島の中でも大事な水源地。
鮪川の自治会をはじめ、水利組合、行政の方々など様々な方が集まり、玉串を奉納し、水の恵みに感謝します。



この湧水が無かったり、もし将来において枯れてしまうようなことがあれば、男鹿半島の水道事情はとても大変なことになるのは間違いないです。
そのために、こうした祭典をきちんと続けていくこと。
祭典を行うことの本質を見失わないこと。
滝の頭湧水やその源になっている寒風山を、きちんと手入れしていくことを忘れてはいけないんだと考えています。

祭典が終わりましたら、再び公民館にもどり、なおらいで皆さんを労います。


地域を活気ある姿で維持していくためには、ここで生活して、動いてくれる皆さんへの感謝を忘れるわけにはいきません。


地域を維持する…と言っても、地図に地名が残るだけではあまり意味はありませんので、これからもこうした活動を積極的に続けていけるように頑張りたいと思いますので、皆様よろしくお願い致します。