秋の普請

集落の中の維持管理を行う普請。
今年の秋は、鮪川湧水会が中心になった行いました。

今回は夏の間に大きく伸びてしまった雑草の草刈りが中心です。
いつものようにたくさんの集落の方々が集まってくれました。

集落各所の雑草の草刈りとなると、大きな重機で一気に進めるというような事はできませんので、どうしても人手が必要になります。

こうした手間のかかる作業に積極的に参加してくれる皆さんがいるっていうことはありがたいことです。
人手なしには、集落の維持管理はままなりませんので。

未舗装の道路や脇。
水路にかかる草。
そして田んぼの周りの法面など。

特に、ここ数年、鮪川では小さな田んぼの段差をなくして大きな平坦な田んぼにする大規模な土地改良事業が進んでいて、結果として田んぼの周りの法面もかなりの面積になりました。
田んぼが平坦なぶん、法面が広く大きくなるので、ここの雑草を刈るのはなかなか大変です。

こうした作業を安全に効率よく進めることは、今後の課題になっていきそうですが、とりあえず今は地道に刈っていくしかありません。

お天気が良かったおかげもあり、みなさん慣れた作業ということもあり、作業は効率的に進んでいきます。
一日がかりではありますが、無事に予定した場所の草刈りも終了しました。

参加された皆様、お疲れ様でした。
集落で暮らしていく上で大切な作業になりますので、今度ともよろしくお願いいたします。

今年で3回めの木こり体験

今年も、子どもたちを対象にした木こり体験のお手伝いをさせていただきました。

男鹿市で行われるサマーキャンプのメニューの一つで、今年で3回めになります。

今では、大人でも森林と接する機会が極端に少なくなりましたが、子供のうちにこうした機会を持てるというのはすごく大事な事だと思います。

樹木の成長スピードというのは、現代社会のあらゆるモノやコトと比べてもずっと遅いのが普通です。

自分が植えた木や、自分が面倒見てきた林が、いざ木材として使えるようになるのは、子供、もしくは孫の世代というコトも珍しいことじゃないですし、そうした自然の時間の流れの感覚を少しでも感じてもらえればと思います。

今年は、昨年までの滝の頭の上の方の林ではなくて、その反対側の集落に近い方の林での切り出し。
去年までの場所は、今年は子どもたちを案内するには向かない状況になっていたので、今年は林道のすぐ脇の林へと変更。
おかげで移動、運搬は楽になりました。

子どもたちも、バイザー付きヘルメットに長靴、軍手と準備万端です。
半袖、半ズボンの子もおりますが、今回はそれほど林の奥での作業にはならないので。

講師の方からの作業や道具の説明を真剣に聞いてます。
普段触ることのない大きな道具ですので、間違った使い方をすれば大きな怪我に繋がりかねませんので。

作業は、細い木を切ったり、余計な枝を払ったり。
あとはスタッフの人が切った太い木を短く切断して運んでもらったり。

真剣に、頑張って作業をしてもらいました。

そうした子どもたちやスタッフの協力のおかげで、怪我することなく安全に作業は完了。
体験にしろ、実際の木こりの作業にしろ、事故や怪我の無いことが何よりですので。

現代社会においても、山や森林の役割というのは決して小さくは無いです。
食べ物や水を供給してくれたり、建材や木工の材料となったり、都会に住んでいても田舎の森林と無関係というわけでは無いです。

手入れの行き届かない山は、災害の時の被害を拡大することもありますし、常日頃から接点を持って、積極的に関わるべきなんですが、残念ながらそうした機会は少ないのが現状です。

今回の木こり体験が、少しでも山や森林との接点作りに貢献できれば幸いと考えてますので、ぜひ来年以降も続いていってほしいと思っています。