鮪川湧水会による講習会を開催

2月25日、鮪川自治会とともに集落内の各種事業を進めている鮪川湧水会による講習会が開催されました。

今回のテーマは「健康」と「防災」。

ほかの地域と同様に、少子高齢化が進む鮪川にとって「健康」はとても大事。
また、周期的に大きな地震(日本海中部地震、男鹿地震など)が起こる男鹿半島においては「防災」についての心得も重要なお話。

そうしたこともあって、この日も多くの方に参加いただきました。

最初に湧水会会長のご挨拶をいただきましたらば、さっそく講習会の方に移ります。

まずは男鹿みなと病院の看護師さんによる健康講座。
健康っていうのは、言葉で言う以上に価値のあるものです。

年をとることによって体力が衰えていくことは避けられませんが、こうした講座を受けることで、少しでも体力維持に役立ったり、病気になることを避けられるなら、それにこしたことはないですので。

地域の中で若い人の数が減ってきても、年配の人が変わらず活躍できるようなら、地域はずっと活気のあるものになりますし、地域の活動にも元気に参加していただけます。

お互いに支え合って生きていくのが、今後ますます大事になってきますので、不健康自慢をしている場合ではないです。

続いて、市役所の防災担当の方から、男鹿半島で起こる災害についてのお話をしていただきました。

鮪川でも自主防災組織を作って、様々な準備をしてきています。
そうした組織をより効率的に動かすための知識や、情報の入手方法などなど。

近年は隣国によるミサイル実験なんていう自然災害とは異なる事態も絵空事とは言えないご時世ですので、大きな災禍から実を守るための準備は欠かせないです。

湧水会では、今後もこうした講習を含め、集落の様々な事業を進めていく予定です。
こちらのホームページでも、そうした活動報告を積極的に掲載していければと思いっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください