2018年の鮪川のナマハゲ

2018年の鮪川をしめくくる最後の行事、ナマハゲが今年も滞りなく行われました。



ナマハゲに関しては、ユネスコ無形文化遺産登録ということもあって、非常に賑やかな年になりました。
鮪川でもナマハゲ役が一人増え、取り巻きで帯同してくれる人の数も例年より増えたようで、まずは良い影響があったようです。



先週のうちに編んでおいたケデを身に着け、またナマハゲ役が増えたコトでお面もあらたに一つ準備し、大晦日の空気感のなかでナマハゲの準備が進んでいきます。



今年は、幸いなことにお天気もおだやかだったため順調に家々を回っていきます。

こうして家々を回っていくのも大変ですが、実は迎え入れる方の家の皆さんも、なかなか大変です。



なにしろナマハゲのお面は視界が狭いので、まわりの人が補助しないと、すぐにあちこちぶつかってしまいます。
それでなくても、家々で出されるお神酒で酔いも回ってますから。

なので、迎え入れる部屋はきちんと片付けた上で、割られそうなガラス戸、壊されそうな障子戸なんかはあらかじめ外しておく家も多いです。

そうした上で、ナマハゲに出す御膳を用意して迎え入れます。

そうして家の当主との問答を行い、良い大人に育つようにと子どもたちを戒めて、次の家へと向かっていくのがナマハゲ行事です。



子どもたちにとっては、今でも怖いナマハゲでしょうが、昔に比べればずいぶんと優しくなりました。
昔は、ほんとにもっと怖いコトを平気でやってたはずですが、このあたりも時代の流れです。

こうして、今年も無事に鮪川のナマハゲを行うことができ、集落の一年を無事に締めくくることができてなによりです。
一年間、一緒になって支えてきていただいた集落の皆様に感謝したいと思います。

滞りなく行われたナマハゲ行事ではありますが、実際に迎え入れてくれた家は昨年よりも減りました。

人口減少という状況は何も変っていませんが、それでも集落の皆さんが、充実した暮らしを営んでいけるようにできる限りのコトはやっていきたいと考えていますので、今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください